Topics 2007年4月15日 三重県北部の地震 (in Japanese) ✏ 2007/4/16 掲載
概要 現在の地震活動 メカニズム解 地震波形 震源再決定結果

█ 概要

   2007年4月15日12時19分に,三重県北部の深さ16kmを震源とするマグニチュード(Mw) 5.0 の地震が発生し, 三重県亀山市で震度5強,鈴鹿市・津市・伊賀市で震度5弱を観測したほか, 広い範囲で震度4を観測しました。 発震機構解は北東-南西に圧縮軸をもつ逆断層型であり, 地殻内で発生した地震です。
震央は布引山地東縁断層帯の明星ヶ岳断層と椋本(むくもと)断層の間に位置します。 本震の2分前にはM3.4の東西圧縮の逆断層型の地震が発生していました。
(深さは防災科研Hi-netシステムによる暫定処理結果,マグニチュード及びメカニズム解は 防災科研F-netによる手動解析処理結果に基づく。)









Policies  |  ▶How to use the data  |  ▶Contact us  |  ▶Web site for mobile phones (in Japanese)
We, NIED, do not deliver any e-mails of immediate seismic information obtained by the AQUA system.
In addition, please understand that we prohibit the redistribution of the seismic data. For more information, please read How to use the Hi-net data and FAQ.
High Sensitivity Seismograph Network Laboratory, Network Center for Earthquake, Tsunami and Volcano,
National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience.
3-1 Tennodai, Tsukuba City, Ibaraki Prefecture, 305-0006, JAPAN
Copyright © National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience, All rights Reserved.