Topics 2009年 伊豆半島東方沖の地震活動 (in Japanese) ✏ 2009/12/18 掲載
概要 現在の地震活動 詳細な震源分布 地震波形 強震動 傾斜変動

█ 概要

   2009年12月17日23時45分頃,伊豆半島東方沖を震源とするM5.0(気象庁暫定値)の地震が発生し, 最大震度5弱が観測されました。 また,12月18日8時45分頃にもM5.1(気象庁暫定値)の地震が発生し,最大震度5弱が観測されました。 いずれの地震も,F-netによるモーメントテンソル解析およびHi-netによる初動解析から, 北西 - 南東圧縮・北東 - 南西伸長の横ずれ断層型のメカニズムであることがわかりました。 この地域では,微小地震活動が17日の昼頃から時間の経過とともに次第に活発になる様子が捉えられており, 群発地震活動が始まったものと考えられます。

群発地震については, 「地震の基礎知識 7.2節:群発地震」 に詳しく解説しておりますので,併せてご覧ください。



Policies  |  ▶How to use the data  |  ▶Contact us  |  ▶Web site for mobile phones (in Japanese)
We, NIED, do not deliver any e-mails of immediate seismic information obtained by the AQUA system.
In addition, please understand that we prohibit the redistribution of the seismic data. For more information, please read How to use the Hi-net data and FAQ.
High Sensitivity Seismograph Network Laboratory, Network Center for Earthquake, Tsunami and Volcano,
National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience.
3-1 Tennodai, Tsukuba City, Ibaraki Prefecture, 305-0006, JAPAN
Copyright © National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience, All rights Reserved.