Topics 2007年1月9日 北海道網走沖の地震 (in Japanese) ✏ 2007/1/15 掲載
概要

   2007年1月9日午前5時12分に網走沖でマグニチュード(Mw)4.7の地震が発生し, 北海道北見市常呂町で震度3の揺れが観測されました。 防災科学技術研究所Hi-netによって決められた本震および余震の震源位置とF-netにより決められた本震の発震機構解, 気象庁によって決められた1950年以降にこの地域で発生した50km以浅の地震の震源分布を図に示します。
   この地震は北見大和堆の南端付近に位置し,深さは1.7kmとごく浅く, 発震機構解は西北西−東南東方向に圧縮軸をもつ逆断層型でした。 この地域の地震活動は少ないものの,1956年3月6日には今回の地震とほぼ同じ場所でマグニチュード6.3の地震が発生し, 網走市で小さな津波が観測されています。


▼図1 防災科学技術研究所Hi-netによって決められた本震および余震の震源と, 気象庁によって決められた1950年以降にこの地域で発生した50km以浅の地震の震源分布



Policies  |  ▶How to use the data  |  ▶Contact us  |  ▶Web site for mobile phones (in Japanese)
We, NIED, do not deliver any e-mails of immediate seismic information obtained by the AQUA system.
In addition, please understand that we prohibit the redistribution of the seismic data. For more information, please read How to use the Hi-net data and FAQ.
High Sensitivity Seismograph Network Laboratory, Network Center for Earthquake, Tsunami and Volcano,
National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience.
3-1 Tennodai, Tsukuba City, Ibaraki Prefecture, 305-0006, JAPAN
Copyright © National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience, All rights Reserved.