¶トップページ
データ使用上の注意

ALJ.tar.gz   [約13MB:2011/9/6 10:00更新]

>>任意の点における速度を求めるプログラムの使用方法
>>描画方法

   なお,この構造の断面図を表示するソフトウェアも 『日本列島三次元地震波速度構造表示ソフトウェアの公開』 として公開されています。



【解析に使用したデータ】
- 期間 : 2000/10/1〜2009/8/31
- 解析範囲 : 北緯20˚〜北緯48˚, 東経120˚〜148˚, 深さ0〜400km
- 地震 : 100,733個
- P波読取数 : 4,622,346個
- S波読取数 : 3,062,846個

【手法】
Zhao et al. (1992) の走時インバージョン法にスムージングを導入し, 観測点補正値も求める手法 (Matsubara et al., 2004; 2005; 2008)

【分解能】
- 深さ0〜10km : 水平方向 : 0.2˚(20km), 深さ方向 : 5km
- 深さ10〜40km : 水平方向 : 0.2˚(20km), 深さ方向 : 10km
- 深さ40〜60km : 水平方向 : 0.2˚(約10km), 深さ方向 : 20km
- 深さ60km以深 : 水平方向 : 0.2˚(約10km), 深さ方向 : 30km
スムージングを導入しているので,インバージョンの際に配置するグリッド間隔は,これらの半分になっています。

█ 参考文献
  • Matsubara, M., H. Hayashi, K. Obara, and K. Kasahara, (2005), Low-velocity oceanic crust at the top of the Philippine Sea and Pacific plates beneath the Kanto region, central Japan, imaged by seismic tomography, J. Geophys. Res. 110, B12304, doi:10.1029/2005JB003673.
  • Matsubara, M., K. Obara, and K. Kasahara (2008), Three-dimensional P-and S-wave velocity structures beneath the Japan Is lands obtained by high-density seismic stations by seismic tomography, Tectonophysics, 454, 86-103, doi:10.1016/j.tecto.2008.04.016.
  • Matsubara, M., N. Hirata, H. Sato, and S. Sakai (2004), Lower crustal fluid distribution in the northeastern Japan arc revealed by high resolution 3-D seismic tomography, Tectonophysics, 388, 33-45, doi:10.1016/j.tecto.2004.07.046.
  • Zhao, D., A. Hasegawa, and S. Horiuchi, Tomographic imaging of P and S wave velocity structure beneath Northeastern Japan, J. Geophys, Res. 97 (1992) 19909-19928.