防災科学技術研究所(防災科研)では,1979年から関東・東海地域において高感度地震観測を行ってきました。 さらに,阪神淡路大震災を契機として設置された地震調査研究推進本部の基本方針に基づき,日本全国を対象とした高感度地震観測網(Hi-net)を構築してきました。 このHi-netは,全国的に統一的な観測点仕様による平均間隔20~25kmという高密度で均質な観測網です。 この地震観測データは,気象庁における緊急地震速報にも活用されている他,監視業務等に利用されるとともに,ホームページを通じてすべて公開されています。 我々はこの地震観測データを使用し,日本列島下の3次元地震波速度構造に関する研究を進め2008年に標準速度構造モデルを公開しました。 その後,Hi-net観測網外の海域における地震についても,防災科研の広帯域観測網(F-net)により決められた震源の深さを使うことにより速度構造解析に用いることができるようになりました。 さらに、2011年東北地方太平洋沖地震の余震のデータも活用することにより海域の下の速度構造も精度よく推定することが可能になり,その結果がJournal of Disaster Research誌に掲載されましたので,海域まで広げられた標準的構造モデルを公開いたします。

   >>データダウンロードページはこちら (Site to download velocity data)

   解析手法や結果に関する詳細は,以下の論文を参照してください。
   Matsubara, M., H. Sato, K. Uehira, M. Mochizuki, and T. Kanazawa (2017) Three-dimensional seismic velocity structure beneath Japanese Islands and surroundings based on NIED seismic networks using both inland and offshore events, Journal of Disaster Research, 12, 844-857, doi:10.20965/jdr.2017.p0844

   なお,この構造の断面図を表示するソフトウェアも 『日本列島三次元地震波速度構造表示ソフトウェアの公開』 として公開されています。

   この研究で得られた新たな知見は以下の通りです。
  • 防災科研Hi-netによる陸域の震源に加えてF-netや高感度加速度計を用いたモーメントテンソル解の震源の深さを用いて海域の地震の震源も用いる(図1)ことにより、海域の下の深さ30-50kmにおける地震波速度構造も求められた(図2)。
  • 西南日本の深さ10-20kmにおいては低速度領域と高速度量域の境界が中央構造線と一致する。
  • 日本海側や中部日本の高速度な上部地殻と低速度な下部地殻の領域は、日本海拡大時に形成された中絶リフトを示唆している。
  • 今後、S-netのデータが加わることにより、海域の浅部(深さ5-20km)構造の解明が期待される。


図1: 解析に用いた震源分布
Distribution of hypocenters used for seismic tomography.

図2: P波速度(Vp)・S波速度(Vs)・Vp/Vsの深さごとの分布
Depth slices indicating Vp and Vs perturbation and Vp/Vs. Colored area is the resolved area.