Topics 2004年9月5日 紀伊半島南東沖の地震特集 ✏ 2004/9/6 掲載

2004年9月5日19時07分及び23時57分に,紀伊半島南東沖で気象庁マグニチュード6.9及び7.4の地震が相次いで発生した。 さらに 9月7日8時29分には気象庁マグニチュード6.4の最大余震が発生した。 震源位置は1944年東南海地震(M7.9)の震源域周辺の南海トラフ沿いであった。 F-netのメカニズム解析では,深さ10km前後で逆断層型の解が得られているが,低角ではないことから, プレート境界型ではなくフィリピン海プレート内部で発生した地震であると考えられる。 Hi-netルーチン処理で求められた深さはいずれも20km前後であり,観測網から離れた海域における震源決定精度を考慮するとF-netの解析結果とはそれほど矛盾しない。

█関連論文
█第131回地震調査委員会提出資料
█強震関連
█その他
紀伊半島南東沖の地震による波動伝播アニメーション

2004年9月5日23時57分に発生したマグニチュード7.4(気象庁)の地震では,最大で震度5弱を観測したほか, 近畿地方を中心に東北南部から九州にいたる広い範囲で有感となりました。 防災科研の高感度地震観測網Hi-netでは日本全国でその震動が捉えられましたので, そのデータを用いて,地震波の伝わり方や振動の大きさをわかりやすく表現するために, アニメーションを用いて波動伝播を可視化しました。

左側が今回の地震で,右側は2003年11月12日に発生した深発地震によるものです。 今回の地震はフィリピン海プレート内部に発生した地震で震源は浅く, 2003年の地震は太平洋プレート内部に発生した地震で,震源の深さは約400kmにもなります。 これらの地震の震央は,偶然にもほとんど一致していますので, 震源の深さの違いによって地震波の進み方がどのように違ってくるのかを一目で見ることができます。

左右2つのアニメーションとも,地震が発生した時刻から開始されます。 まず,左側の今回の地震のほうが右側の深発地震よりも浅い場所で発生したため,陸地までの距離が短いので早く揺れ始めます。 今回の地震の波形は非常に複雑で,最初に到達したP波(実線)の後から振幅が段階的に大きくなっており, 複雑な震源過程を反映しています。S波初動の到達予想を点線で示していますが,P波とS波の間に出現する大きな揺れは, 最初の地震が発生して約15秒後に,より大きな破壊が生じたときのP波によるものと考えられます。 右側の昨年の地震の震源は深く,地震波が地表に達するまでに伝播する距離が長いため, 最初の震動が観測されるまでの時間はかかりますが,遠方の地点ではほぼ同じ時刻に揺れ始めます。 この地震では典型的な異常震域が生じていますが,詳しくは こちら をご覧ください。

このアニメーションをご覧頂くには, Real One Player が必要です。
※ なお,一部のパソコン機種・ビデオカードと再生ソフトの組み合わせによっては,正しく色が再現されないことがあります。

アニメーションはこちらから [887KB]





サイトポリシー  |  ▶データ利用規約  |  ▶お問い合わせ  |  ▶携帯版
防災科学技術研究所では, AQUAシステムなどで決められた即時震源情報のメールによる配信は行っておりません。
データ公開 についてや Q&A にも記載されておりますように, 震源情報の二次配布は当研究所として禁止させて頂いておりますことも合わせてご承知おき下さい。
〒305-0006   茨城県つくば市天王台3-1   国立研究開発法人 防災科学技術研究所
地震津波火山ネットワークセンター   高感度地震観測管理室
Copyright © National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience, All rights Reserved.