Topics 2004年9月5日 紀伊半島南東沖の地震特集 ✏ 2004/9/6 掲載

2004年9月5日19時07分及び23時57分に,紀伊半島南東沖で気象庁マグニチュード6.9及び7.4の地震が相次いで発生した。 さらに 9月7日8時29分には気象庁マグニチュード6.4の最大余震が発生した。 震源位置は1944年東南海地震(M7.9)の震源域周辺の南海トラフ沿いであった。 F-netのメカニズム解析では,深さ10km前後で逆断層型の解が得られているが,低角ではないことから, プレート境界型ではなくフィリピン海プレート内部で発生した地震であると考えられる。 Hi-netルーチン処理で求められた深さはいずれも20km前後であり,観測網から離れた海域における震源決定精度を考慮するとF-netの解析結果とはそれほど矛盾しない。

█関連論文
█第131回地震調査委員会提出資料
█強震関連
█その他
Hi-netおよびF-netによるメカニズム解


Hi-net暫定処理による前震位置 F-netによる
前震メカニズム解
発震時刻 2004/9/5 19時07分07秒 P軸方位/鉛直角 356/83
緯度 33.05N T軸方位/鉛直角 183/7
経度 136.78E 節面1走向/傾斜 267/52
深さ 15km 節面2走向/傾斜 85/38
M 6.9 深さ 14km
Mw 7.2
品質 91.73
Hi-net暫定処理による本震位置 F-netによる
本震メカニズム解
発震時刻 2004/9/5 23時57分17秒 P軸方位/鉛直角 355/77
緯度 33.17N T軸方位/鉛直角 110/28
経度 137.14E 節面1走向/傾斜 245/62
深さ 25km (固定) 節面2走向/傾斜 114/39
M 7.1 深さ 11km
Mw 7.5
品質 91.09
Hi-net暫定処理による
最大余震位置
F-netによる
最大余震メカニズム解
発震時刻 2004/9/7 08時29分36秒 P軸方位/鉛直角 3/84
緯度 33.19N T軸方位/鉛直角 256/20
経度 137.34E 節面1走向/傾斜 290/54
深さ 25km 節面2走向/傾斜 73/42
M 6.6 深さ 11km
Mw 6.5
品質 77.40


▼防災科研F-netによる前震のCMT解


▼防災科研F-netによる本震のCMT解


▼防災科研F-netによる最大余震のCMT解


サイトポリシー  |  ▶データ利用規約  |  ▶お問い合わせ  |  ▶携帯版
防災科学技術研究所では, AQUAシステムなどで決められた即時震源情報のメールによる配信は行っておりません。
データ公開 についてや Q&A にも記載されておりますように, 震源情報の二次配布は当研究所として禁止させて頂いておりますことも合わせてご承知おき下さい。
〒305-0006   茨城県つくば市天王台3-1   国立研究開発法人 防災科学技術研究所
地震津波火山ネットワークセンター   高感度地震観測管理室
Copyright © National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience, All rights Reserved.