Topics 2004年12月14日 北海道留萌支庁南部の地震 (in Japanese) ✏ 2004/12/14 掲載
概要 分布図 メカニズム 地震波形

█ 概要

 2004年12月14日14時56分頃,北海道留萌支庁南部を震源とするマグニチュード(M)6.1(気象庁暫定値) の地震が発生し,苫前町で震度5強,羽幌町で震度5弱をそれぞれ観測しました。

 この地震は,その震源位置や逆断層型のメカニズム解から,ほぼ東西方向の圧縮応力で地殻内の断層が すべることによって発生した内陸型の浅発地震であると考えられます。

 なお,この地震の震源域近傍では,力昼断層,および広富断層と呼ばれる活断層が知られており, これらの活断層は,大局的に南北走向で西側隆起の逆断層です。 また,この地域では過去にも1910年と1918年に被害地震が発生しています。



Policies  |  ▶How to use the data  |  ▶Contact us  |  ▶Web site for mobile phones (in Japanese)
We, NIED, do not deliver any e-mails of immediate seismic information obtained by the AQUA system.
In addition, please understand that we prohibit the redistribution of the seismic data. For more information, please read How to use the Hi-net data and FAQ.
High Sensitivity Seismograph Network Laboratory, Network Center for Earthquake, Tsunami and Volcano,
National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience.
3-1 Tennodai, Tsukuba City, Ibaraki Prefecture, 305-0006, JAPAN
Copyright © National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience, All rights Reserved.