Topics 平成19年(2007年) 能登半島地震 ✏ 2007/03/25 掲載
概要 現在の地震活動 メカニズム解 地震波形 強震動 震源過程 地殻変動

█ 概要

   2007年3月25日9時41分に,能登半島沖を震源とするマグニチュード(Mw)6.7 の地震が発生し, 石川県七尾市,輪島市,穴水町で震度6強を観測したほか,広い範囲で震度5弱以上を観測しました。 この地震の深さは約10km,発震機構解は西北西―東南東方向に圧縮軸をもつ横ずれ成分を含む逆断層型であり, 地殻内で発生した地震です。能登半島周辺では,1993年2月7日に珠洲市の北方沖でM6.6の地震が発生しましたが, その地震の発生機構解は北西―南東方向の圧縮軸による逆断層型1)であり, 今回の地震とほぼ同様のメカニズム解を示しています。

(深さは防災科研Hi-netシステムによる暫定処理結果, マグニチュード及びメカニズム解は防災科研F-netによる手動解析処理結果に基づく。 また1993年能登地震の震源パラメーターは, YCU地震学レポートNo.20より引用)
【2007年3月28日 19:23更新】

1) http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/sanchu/Seismo_Note/YCU_report/img/20_9.jpg

震央分布図
深度断面図

上図は上記地図中のグレーの矩形内における発生時毎に色分けされた震央分布を示す。中央の赤丸が本震の位置を示す。
右図はグレーの矩形内の震源を東北東方面から投影した深度断面図を示す。中央の赤丸が本震の位置を示す。



サイトポリシー  |  ▶データ利用規約  |  ▶お問い合わせ  |  ▶携帯版
防災科学技術研究所では, AQUAシステムなどで決められた即時震源情報のメールによる配信は行っておりません。
データ公開 についてや Q&A にも記載されておりますように, 震源情報の二次配布は当研究所として禁止させて頂いておりますことも合わせてご承知おき下さい。
〒305-0006   茨城県つくば市天王台3-1   国立研究開発法人 防災科学技術研究所
地震津波火山ネットワークセンター   高感度地震観測管理室
Copyright © National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience, All rights Reserved.