Topics 平成19年(2007年) 新潟県中越沖地震 ✏ 2007/07/16 掲載
概要 分布図 メカニズム 地震波形 強震動 加速度・速度・震度について K-NET柏崎について 震源過程 最新の解析結果 資料

█ 概要

   2007年7月16日10時13分ごろに新潟県上中越沖地方においてM6.8(気象庁)の地震が発生しました。
この地震により新潟県柏崎市,長岡市,刈羽村,長野県飯綱町で震度6強を観測したほか, 広い範囲で震度5弱以上を観測し,その後も余震活動が継続しています[図1]。
   本震のメカニズム解は北西-南東圧縮の逆断層型※1(防災科研F-net解)であり[図2], 2004年10月の新潟県中越地震など,この地域において過去に発生した地震のメカニズムと調和的です。
   本震の東側には長岡平野西縁活断層帯が位置していますが,この断層帯はほぼ南北走向の西傾斜の逆断層であり[図1], 今回の地震の震源メカニズム解とは若干異なります。 また,余震分布は北東―南西方向に並んでおり,断面図を見ると南東に向かって深くなっていることから[図3(a)], 南東傾斜の断層面で発生したものであり,長岡平野西縁活断層帯は異なるものと思われます。
   なお,この付近で発生している過去の地震としては,1927年の三島郡関原の地震(M5.2) および1961年の長岡市付近の地震(M5.2)がありますが,今回の地震はそれらに比べ格段に規模が大きく, 2004年新潟県中越地震(M6.8)とほぼ同程度であると言えます。 歴史地震にまで遡ると,今回の地震と同程度の規模の地震としては,1828年三条地震(M6.9), および1802年佐渡小木地震(M6.8)の記録があります。

※1 逆断層型地震の詳しい解説は こちら をご覧下さい。






サイトポリシー  |  ▶データ利用規約  |  ▶お問い合わせ  |  ▶携帯版
防災科学技術研究所では, AQUAシステムなどで決められた即時震源情報のメールによる配信は行っておりません。
データ公開 についてや Q&A にも記載されておりますように, 震源情報の二次配布は当研究所として禁止させて頂いておりますことも合わせてご承知おき下さい。
〒305-0006   茨城県つくば市天王台3-1   国立研究開発法人 防災科学技術研究所
地震津波火山ネットワークセンター   高感度地震観測管理室
Copyright © National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience, All rights Reserved.