Topics 平成16年(2004年) 新潟県中越地震 ✏ 2004/10/23 掲載
概要 背景 分布図 メカニズム 地震波形 強震動 地殻変動 関連論文 関連リンク English

█ 概要

   2004年10月23日17時56分に新潟県中越地方においてM6.8の地震が発生しました。 その後も震度6強を複数回観測するなど,活発な余震活動が継続しています。 一連の地震のメカニズムは北西-南東圧縮の逆断層型であり,この地域における過去の地震のメカニズムと調和的です。 余震は,北東から南西方向に伸びる約30kmの範囲に分布しています。 震源地近くのK-NET小千谷観測点では,最大1500ガル,130カインを超える震動を観測しました。

   今回の余震は,信濃川に沿って北東―南西方向に伸びる低地帯東縁部の魚沼丘陵に分布しています。 この余震分布の直上には活断層こそ知られていませんが,本地域に発達する褶曲群の一部は活褶曲である可能性が指摘されており, 実際には未発見の活断層が伏在している可能性があります。 周辺に分布する長岡平野西縁活断層帯の断層群や十日町断層はほとんどが北西傾斜の逆断層であり, 今回の地震断層もそれらと密接に関連した断層のひとつと考えられます。 信濃川に沿った低地帯の地下には,場所によって厚さ5000mを超える新第三紀の地層が分布しており, それら軟弱な堆積層によって地震動が増幅されたことが予想されます。 なお,この付近で発生している過去の地震としては,1933年の小千谷市南部の地震(M6.1) および1961年の長岡市付近の地震(M5.2)がありますが,今回の地震はそれらに比べ, 格段に規模の大きなものであると言えます。


10月27日:
10時40分に,マグニチュード6.1の余震が発生しました。この余震のメカニズムは本震や他の余震と同様の, 北西―南東に圧縮軸をもつ逆断層型ですが,震源位置はこれまでの余震活動域からは5kmほど東に離れており, 異なる断層で発生した地震であると考えられます。
震源マップはこちら


11月8日:
11時15分ごろに,気象庁マグニチュード5.9の余震が発生しました。 この余震のメカニズムは本震や他の余震と同様の北西―南東に圧縮軸をもつ逆断層型ですが, 震源はこれまでの余震活動域の北側に位置し,その地震に対する余震が同地域で数多く発生しました。
震源マップはこちら

主な震央分布図
04/10/23 以降に新潟県中越地方を震源として発生した主な地震の震央分布図




サイトポリシー  |  ▶データ利用規約  |  ▶お問い合わせ  |  ▶携帯版
防災科学技術研究所では, AQUAシステムなどで決められた即時震源情報のメールによる配信は行っておりません。
データ公開 についてや Q&A にも記載されておりますように, 震源情報の二次配布は当研究所として禁止させて頂いておりますことも合わせてご承知おき下さい。
〒305-0006   茨城県つくば市天王台3-1   国立研究開発法人 防災科学技術研究所
地震津波火山ネットワークセンター   高感度地震観測管理室
Copyright © National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience, All rights Reserved.