Topics 2014年11月22日 長野県北部の地震 (in Japanese) ✏ 2014/11/26 掲載,   12/15 更新
概要 現在の地震活動 Double Difference法により求めた詳細な震源分布 F-netによるメカニズム解 地殻変動 活断層調査 強震動

█ 概要

   2014年11月22日午後10時08分頃,長野県北部の深さ4km付近においてM6.1(Hi-net暫定値)の地震が発生し,長野県長野市,小谷村,小川村で震度6弱を観測したほか,東北地方から中国地方の広い範囲で有感となりました。 この地震は北西―南東方向に圧縮軸をもつ逆断層型のメカニズム解を示し,この地震に伴う余震は南北方向に走向をもつ分布を示しています。

図1
図. 深さ30km以浅で発生した2001年1月〜2014年10月(灰丸,Hi-net定常処理) および2014年11月22日22時〜23日01時(黒丸,Hi-net暫定値)の地震の震央分布。 青丸は,本震の震央。 右図に本震のメカニズム解(Hi-net初動解およびF-netモーメントテンソル解)を示す。




Policies  |  ▶How to use the data  |  ▶Contact us  |  ▶Web site for mobile phones (in Japanese)
We, NIED, do not deliver any e-mails of immediate seismic information obtained by the AQUA system.
In addition, please understand that we prohibit the redistribution of the seismic data. For more information, please read How to use the Hi-net data and FAQ.
High Sensitivity Seismograph Network Laboratory, Network Center for Earthquake, Tsunami and Volcano,
National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience.
3-1 Tennodai, Tsukuba City, Ibaraki Prefecture, 305-0006, JAPAN
Copyright © National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience, All rights Reserved.