Topics 2003年7月26日 宮城県北部の地震特集 (in Japanese) ✏ 2003/7/28 掲載

2003年7月26日,宮城県北部において震度6弱,および6強(気象庁発表)を観測した地震が相次いで発生した。
主な地震の防災科研Hi-netによる即時震源情報は以下のとおりである。

    7/26 00:13:08.23 38.426N 141.182E H=12.8km M5.9  [前震]
    7/26 07:13:31.48 38.389N 141.191E H=12.9km M6.3  [本震]
    7/26 16:56:44.49 38.485N 141.205E H=13.3km M5.6  [最大余震]

余震活動はほぼ南北に約10kmの範囲に広がっており,旭山撓曲と呼ばれる南北走向の断層に沿っている。 深さは約10km程度で,上部地殻内に発生したものである。 前震および本震のメカニズムはほぼ南北走向の逆断層型であり,東西から圧縮の力を受けて発生した。 一方,最大余震は南北圧縮の逆断層で,前震や本震とは異なっている。 宮城県地方では5月26日に宮城・岩手県境付近の沿岸部でM7.0,深さ71kmの地震が発生し,余震活動も活発であった。 この5月の地震は太平洋プレートの内部で発生したが,今回は地殻内で起きたものである。
▼防災科研Hi-netによる最新自動処理結果 (過去24時間)


▼防災科研Hi-netによる最新自動処理結果 (過去1週間)


Policies  |  ▶How to use the data  |  ▶Contact us  |  ▶Web site for mobile phones (in Japanese)
We, NIED, do not deliver any e-mails of immediate seismic information obtained by the AQUA system.
In addition, please understand that we prohibit the redistribution of the seismic data. For more information, please read How to use the Hi-net data and FAQ.
High Sensitivity Seismograph Network Laboratory, Network Center for Earthquake, Tsunami and Volcano,
National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience.
3-1 Tennodai, Tsukuba City, Ibaraki Prefecture, 305-0006, JAPAN
Copyright © National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience, All rights Reserved.