Topics Hi-netが観測したスーパーカミオカンデ事故による震動 ✏ 2001/11/22 掲載

   岐阜県神岡町にある東京大学宇宙線研究所神岡宇宙素粒子研究施設において, 2001年11月12日午前11時頃に起きたスーパーカミオカンデ事故による震動波形が, スーパーカミオカンデ観測装置から約8kmの距離にある, 防災科学技術研究所高感度地震観測網(Hi-net)神岡観測点(KOKH)で観測されました。
P波到達時刻から推定される発震時刻は11時01分29.4秒となります。 また,短周期地震計記録(速度)の振幅から渡辺の式に基づいて推定したマグニチュードは,-0.7となります。
● 図1 Hi-net観測点地図
● 図2 Hi-net神岡観測点(KOKH)周辺地図
● 図3 KOKHにおける観測波形

サイトポリシー  |  ▶データ利用規約  |  ▶お問い合わせ  |  ▶携帯版
防災科学技術研究所では, AQUAシステムなどで決められた即時震源情報のメールによる配信は行っておりません。
データ公開 についてや Q&A にも記載されておりますように, 震源情報の二次配布は当研究所として禁止させて頂いておりますことも合わせてご承知おき下さい。
〒305-0006   茨城県つくば市天王台3-1   国立研究開発法人 防災科学技術研究所
地震津波火山ネットワークセンター   高感度地震観測管理室
Copyright © National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience, All rights Reserved.