Topics Hi-netが観測したスーパーカミオカンデ事故による震動 (in Japanese) ✏ 2001/11/22 掲載

   岐阜県神岡町にある東京大学宇宙線研究所神岡宇宙素粒子研究施設において, 2001年11月12日午前11時頃に起きたスーパーカミオカンデ事故による震動波形が, スーパーカミオカンデ観測装置から約8kmの距離にある, 防災科学技術研究所高感度地震観測網(Hi-net)神岡観測点(KOKH)で観測されました。
P波到達時刻から推定される発震時刻は11時01分29.4秒となります。 また,短周期地震計記録(速度)の振幅から渡辺の式に基づいて推定したマグニチュードは,-0.7となります。
● 図1 Hi-net観測点地図
● 図2 Hi-net神岡観測点(KOKH)周辺地図
● 図3 KOKHにおける観測波形

Policies  |  ▶How to use the data  |  ▶Contact us  |  ▶Web site for mobile phones (in Japanese)
We, NIED, do not deliver any e-mails of immediate seismic information obtained by the AQUA system.
In addition, please understand that we prohibit the redistribution of the seismic data. For more information, please read How to use the Hi-net data and FAQ.
High Sensitivity Seismograph Network Laboratory, Network Center for Earthquake, Tsunami and Volcano,
National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience.
3-1 Tennodai, Tsukuba City, Ibaraki Prefecture, 305-0006, JAPAN
Copyright © National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience, All rights Reserved.