Topics 2008年7月24日 岩手県沿岸北部の地震 ✏ 2008/7/24 掲載
● 赤色のメニューは研究者向けにまとめられたコンテンツです。
概要 現在の地震活動 T−phase メカニズム解 強震動 震源過程 増幅特性

█ 概要

   2008年7月24日0時26分頃,岩手県沿岸北部の深さ約110kmを震源とするM (気象庁マグニチュード:速報値) 6.8の地震が発生しました。 この地震によって青森県八戸市などで震度6弱の非常に強い揺れが観測されたほか, 岩手,青森,および宮城の各県で震度5弱を超える強い揺れが観測されました。 この地震発生後の24日11時37分頃にはM5.0の余震が発生し,最大震度3を記録しましたが, 全体的には余震活動は低調といえます。
   この地域では,東北日本の下に沈み込む太平洋プレートに沿って2枚の面をなすような地震活動 (二重地震面) が存在することが知られており,今回の地震はそのプレート内に位置する深いほうの面(下面)で発生しました。 発震機構解はHi-net初動解とF-netモーメントテンソル解とで若干の差異があるものの, 両者ともにおおむねダウンディップ・エクステンション型(#)と呼ばれる, この地域の下面の地震に典型的な発震機構解と推定されています。
(F-netで求められたメカニズム解はこちら: 本震最大余震)

沈み込むプレート(スラブ)の内部で発生する地震については, 「地震の基礎知識 5.2節:スラブ内地震」 に詳しく解説しております。

比較的最近では,深さも発震機構解も今回の地震と似たようなM6.4の地震が2001年12月2日に岩手県内で発生し, 宮城県内で最大震度5弱を記録しています。

#) ダウンディップ・エクステンション型:
震源に働く引っ張りの力の向きを表す主伸張軸が, 沈み込むプレートの傾斜とほぼ一致するような発震機構解のタイプを表します。
なお,押しの力の向きを表す主圧縮軸の向きによっては, 今回の地震のように,ほぼ正断層型の発震機構解と一致することがあります。


● 今回の活動


● 観測波形ペーストアップ   [画像をクリックすると拡大します]     表示間隔約40km振幅4倍画像


サイトポリシー  |  ▶データ利用規約  |  ▶お問い合わせ  |  ▶携帯版
防災科学技術研究所では, AQUAシステムなどで決められた即時震源情報のメールによる配信は行っておりません。
データ公開 についてや Q&A にも記載されておりますように, 震源情報の二次配布は当研究所として禁止させて頂いておりますことも合わせてご承知おき下さい。
〒305-0006   茨城県つくば市天王台3-1   国立研究開発法人 防災科学技術研究所
地震津波火山ネットワークセンター   高感度地震観測管理室
Copyright © National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience, All rights Reserved.