Topics 防災科研Hi-netで捉えた2003年6月16日の火球による振動 ✏ 2003/6/18 掲載
   2003年6月16日22時10分頃, 関東地方北部の広い範囲にわたって雷鳴または爆発音のような音が聞こえたことが多数報告された。
当日は曇天であったが,雲を通して明るい光が移動したという目撃例があることから,火球による衝撃波と考えられる。
この時の振動が防災科研Hi-netで記録されていた。
   図1は, 防災科研Hi-net及び気象庁・大学の微小地震観測点で記録された振動の発現時刻をコンター表示したものである。 コンターの谷が北西から南東方向に向かって伸びており,北西に向かって到達時刻が遅くなっている。
火球はこの谷筋の上空を北西から南東に向け通過したとみられ, 南東に行くほど高度を下げているため,振動の発現時刻が早くなっていると 思われる(アニメーション)。 この事は,火球の目撃例と符合する。振動発現時間差から,いくつかの仮定のもとで推定される進入角度は, 約15〜20度程度で,水戸市上空を通過した高度は約30〜40kmと推定される (松村稔)。
▼図1 火球による振動発現時刻

▼図2 防災科研Hi-netで記録された火球による振動波形例

▼図3 火球から発生した音波が伝播する様子


火球から生じた音波(衝撃波)の波面が伝播する様子を円で表している。 時間とともに円の半径が大きくなっていくが,火球の突入速度は音速に比べはるかに速いため, 音波が地面に到達する時間は,火球の水平位置よりも火球の高度に依存していることがわかる。


謝辞:一部気象庁,東京大学,東北大学の各微小地震観測網のデータを使用させて頂いた。

サイトポリシー  |  ▶データ利用規約  |  ▶お問い合わせ  |  ▶携帯版
防災科学技術研究所では, AQUAシステムなどで決められた即時震源情報のメールによる配信は行っておりません。
データ公開 についてや Q&A にも記載されておりますように, 震源情報の二次配布は当研究所として禁止させて頂いておりますことも合わせてご承知おき下さい。
〒305-0006   茨城県つくば市天王台3-1   国立研究開発法人 防災科学技術研究所
地震津波火山ネットワークセンター   高感度地震観測管理室
Copyright © National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience, All rights Reserved.