Topics 2005年3月20日 福岡県北西沖の地震 ✏ 2005/03/20 掲載
概要 現在の地震活動 メカニズム解 地震波形 強震動 震源インバージョン 地殻変動 関連論文 関連リンク

█ 概要

   2005年3月20日10時53分に,福岡県沖玄界島付近を震源とするマグニチュード(M)7.0 (気象庁暫定値), 深さ約10kmの地震が発生し,福岡市などで震度6弱を観測しました。
この地震のメカニズム解は,西北西―東南東の断層面による横ずれ断層型です。 また,この地震に伴って多数の余震が発生していますが, そのほとんどは西北西―東南東の走向に沿って約30kmの範囲に分布しています。 この本震・余震分布は,福岡平野を貫く警固(けご)断層の延長上に位置します。

4月20日:
6時11分に,マグニチュード5.8(気象庁暫定値)の余震が発生しました。 震央は志賀島の西岸付近であり,3月20日の地震の南東約12kmに位置します。 この地震のメカニズム解は南北伸張の横ずれ断層型であり,余震の活動状況から, 北西ー南東方向の節面が断層面であると考えられます。 この地震の発生後,幅8km程度の範囲で余震活動が活発になっています。

なお,福岡市周辺では,1898年にM6.0,1929年にM5.1の地震が,また壱岐周辺では1700年にM7の地震が発生しています。


図. 2005年福岡県西方沖の地震の震央分布。
2005年3月20日10時53分頃の福岡県西方沖の地震から現在までのHi-netによる震央分布を橙丸で示す。
赤丸は本震及び4月20日6時11分の余震位置を示す。
灰丸は,2005年3月16日までの気象庁一元化処理震源による震央分布を示す。
Hi-netによる震央分布は,一部手動再検測を含む。



サイトポリシー  |  ▶データ利用規約  |  ▶お問い合わせ  |  ▶携帯版
防災科学技術研究所では, AQUAシステムなどで決められた即時震源情報のメールによる配信は行っておりません。
データ公開 についてや Q&A にも記載されておりますように, 震源情報の二次配布は当研究所として禁止させて頂いておりますことも合わせてご承知おき下さい。
〒305-0006   茨城県つくば市天王台3-1   国立研究開発法人 防災科学技術研究所
地震津波火山ネットワークセンター   高感度地震観測管理室
Copyright © National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience, All rights Reserved.