Topics 2005年3月20日 福岡県北西沖の地震 (in Japanese) ✏ 2005/03/20 掲載
概要 現在の地震活動 メカニズム解 地震波形 強震動 震源インバージョン 地殻変動 関連論文 関連リンク

█ 概要

   2005年3月20日10時53分に,福岡県沖玄界島付近を震源とするマグニチュード(M)7.0 (気象庁暫定値), 深さ約10kmの地震が発生し,福岡市などで震度6弱を観測しました。
この地震のメカニズム解は,西北西―東南東の断層面による横ずれ断層型です。 また,この地震に伴って多数の余震が発生していますが, そのほとんどは西北西―東南東の走向に沿って約30kmの範囲に分布しています。 この本震・余震分布は,福岡平野を貫く警固(けご)断層の延長上に位置します。

4月20日:
6時11分に,マグニチュード5.8(気象庁暫定値)の余震が発生しました。 震央は志賀島の西岸付近であり,3月20日の地震の南東約12kmに位置します。 この地震のメカニズム解は南北伸張の横ずれ断層型であり,余震の活動状況から, 北西ー南東方向の節面が断層面であると考えられます。 この地震の発生後,幅8km程度の範囲で余震活動が活発になっています。

なお,福岡市周辺では,1898年にM6.0,1929年にM5.1の地震が,また壱岐周辺では1700年にM7の地震が発生しています。


図. 2005年福岡県西方沖の地震の震央分布。
2005年3月20日10時53分頃の福岡県西方沖の地震から現在までのHi-netによる震央分布を橙丸で示す。
赤丸は本震及び4月20日6時11分の余震位置を示す。
灰丸は,2005年3月16日までの気象庁一元化処理震源による震央分布を示す。
Hi-netによる震央分布は,一部手動再検測を含む。



Policies  |  ▶How to use the data  |  ▶Contact us  |  ▶Web site for mobile phones (in Japanese)
We, NIED, do not deliver any e-mails of immediate seismic information obtained by the AQUA system.
In addition, please understand that we prohibit the redistribution of the seismic data. For more information, please read How to use the Hi-net data and FAQ.
High Sensitivity Seismograph Network Laboratory, Earthquake and Volcano Data Center, Earthquake and Volcano Research Unit, Monitoring and Forecast Research Department, National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience.
3-1 Tennodai, Tsukuba City, Ibaraki Prefecture, 305-0006, JAPAN
Copyright © National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience, All rights Reserved.