Japanese English (β版) Top Page
観測点作業情報

以下の観測点では,現在,機器調整中のため観測を休止しています。
なお,ここに記載されていなくても,停電や通信回線,観測装置の不具合により欠測することがあります.

◆ 以下の観測点は,現在観測休止中です。 観測点の詳しい情報はこちら
観測網 観測点コード 都道府県 観測点名 よみがな 所在地
防災科研 高感度地震観測網 N.ICWH 岩手県 一関西 いちのせきにし 岩手県一関市厳美町字祭畤82番地3
防災科研 高感度地震観測網 N.HRMH 神奈川県 川崎 かわさき 神奈川県川崎市幸区下平間4
防災科研 高感度地震観測網 N.KRKH 神奈川県 玄倉 くろくら 神奈川県足柄上郡山北町玄倉597-16
防災科研 高感度地震観測網 N.MKGH 新潟県 妙高高原 みょうこうこうげん 新潟県妙高市大字杉野沢3375番地1
防災科研 高感度地震観測網 N.FJMH 静岡県 富士宮 ふじのみや 静岡県富士宮市青木字下川原10-5
防災科研 高感度地震観測網 N.HMOH 静岡県 浜岡 はまおか 静岡県御前崎市佐倉888番地の1
防災科研 高感度地震観測網 N.SMYH 愛知県 下山 しもやま 愛知県豊田市大沼町青木1
防災科研 高感度地震観測網 N.TKNH 愛知県 常滑 とこなめ 愛知県常滑市大曽町3丁目80番地
防災科研 高感度地震観測網 N.KAHH 福岡県 嘉穂 かほ 福岡県嘉麻市大隈町659番地
防災科研 広帯域地震観測網 N.KZSF 東京都 神津島 こうづしま 東京都神津島村字榎木が沢1番地2の一部
防災科研 広帯域地震観測網 N.TASF 鹿児島県 田代 たしろ 鹿児島県肝属郡錦江町田代 内之牧国有林3034と林小班



◆ 観測点 補足情報    [2019/08/07 10:40 更新]
北海道南東沖において,2019年8月26日から9月15日までの予定で海洋研究開発機構によるエアガンを用いた調査が行われる予定です。本調査による振動が観測データに混入することが予想されますので,データをご利用の方はご注意下さい。(2019/08/07)

-----
庄内平野から新庄盆地を経て石巻市に至る区間において2019年7月30日から8月21日までの予定,三陸沖から日本海溝周辺までの区間において2019年8月6日から8月11日までの予定で東京大学地震研究所による人工震源を用いた調査が行われる予定です。本調査による振動が観測データに混入することが予想されますので,データをご利用の方はご注意下さい。(2019/07/10)

-----
日本海・山形〜北海道西方沖において,2019年8月5日から8月24日までの予定で海洋研究開発機構によるエアガンを用いた調査が行われる予定です。本調査による振動が観測データに混入することが予想されますので,データをご利用の方はご注意下さい。(2019/06/24)

-----
夏期は,花火大会や音楽イベント等による震動が観測記録に含まれることがあります(2014いなしき夏まつり花火大会の例はこちら)。個別のアナウンスは致しませんが,データを利用される方はご注意ください。

-----
【地震計故障による観測休止について:2012/12/11 更新】
通常の地震観測では,上下動1成分,水平動2成分の計3成分を同時に観測し, 地盤がどのように振動したかを空間的に把握することにつとめています。 ただし,一部の成分だけが異常となった場合や感度が異常になった場合でも, 地震波の到着を確認することが可能であるため,震源位置の推定(震源決定) に使用することが出来ます。また,ある時間帯のみ異常な記録を示し,その後, 特段のきっかけもなく正常な状態に回復することもあります。 これらの理由から地震計の「故障」を定義することは困難であるため, これまではHi-netウェッブサイト上で「故障中」であるかどうかについては, ほとんど通知しておりませんでした。

今後,そのような観測点のうち,全成分のデータで「異常」の状態が長く継続し, 速やかに正常に回復する見込みが見られない観測点については,「休止観測点」として上記リストに記載することといたしましたので,お知らせします。(2012/03/01)
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
静岡県・富士宮観測点は,地震計の不具合状態が長期継続しているため,観測を休止しております。(2012/12/11追記)
愛知県・常滑観測点は,観測井に不具合が確認されたため,観測を休止しております。(2012/03/01)
神奈川県・川崎観測点,静岡県・浜岡観測点,愛知県・下山観測点は,地震計全成分の不具合状態が長期継続しているため,観測を休止しております。(2012/08/31)
-----

以下に示す観測点では,それぞれの期間,地中地震計の改修工事を行ったため,この期間中の連続波形画像やダウンロード出来る観測波形データは,正常な記録ではありません。データを利用される方はご注意ください。
・秋田県・男鹿(N.OGAH):2011年3月2日〜6月16日
・東京都・府中(N.FCUH):2010年1月6日〜4月21日
・鹿児島県・郡山(N.KORH):2010年1月15日〜2月15日
・大阪府・大阪(N.OSKH):2010年2月12日〜2月17日
-----

過去の地下構造探査(2010年9月以降。日付は計画時のもの)
・2019/05/23〜05/31:東北沖太平洋
・2019/04/07〜04/15:三陸沖日本海溝周辺
・2019/01/05〜01/23:福島県沖
・2018/11/14〜2019/01/02:南海トラフ
・2018/10/10〜2019/03/21:熊野灘
・2018/10/01〜10/10:駿河湾およびその周辺域
・2018/08/30〜09/16:千島海溝および日本海溝
・2018/06/26〜07/20:日本海溝
・2018/04/23〜05/20:日本海・北海道南西沖海域
・2018/03/08〜03/15:東北沖太平洋海域
・2018/01/15〜02/08:南西諸島海域
・2017/10/13〜11/05:日本海溝
・2017/08/16〜09/06:南西諸島海域
・2017/07/14〜08/12:日本海溝
・2017/06/22〜07/11:日本海(北海道北西沖)
・2017/05/22〜06/20:日本海溝海域
・2017/02/26〜03/30:日本海溝海域
・2017/01/21〜01/31:八丈島東方海域(地震探査システム海上試験)
・2016/11/29〜12/20:八丈島東方海域(地震探査システム海上試験)
・2016/11/28〜12/15:日本海溝・千島海溝
・2016/11/21〜11/28:北部九州―パラオ海嶺
・2016/09/25〜10/07:四国沖〜紀伊半島沖
・2016/09/16〜09/22:熊野灘海域
・2016/08/01〜08/06:日本海及び南西諸島海域
・2016/07/31〜08/09:日本海及び鳥取沖海域
・2016/03/12〜03/20:南西諸島海域
・2015/12/27〜2016/01/03:九州南東,南西諸島海域
・2015/11/18〜12/04:南西諸島海域
・2015/09/02〜09/30:日本海溝軸海域
・2015/08/01〜08/21:日本海及び南西諸島海域
・2015/07/30〜08/09:日本海海域
・2015/06/12〜06/17:熊野灘
・2015/05/23〜06/06:北西太平洋
・2015/03/21〜03/31:熊野灘
・2014/11/19〜12/10:北西太平洋
・2014/10/17〜10/28:日本海溝軸海域
・2014/10/04〜10/25:日本海溝軸海域
・2014/07/22〜08/30:日本海
・2014/07/04〜07/29:北陸-鳥取沖の広範囲な海域および石川県羽咋沖海域から山平野に至る海域・陸域
・2014/05/29〜06/04:四国沖から紀伊半島沖
・2014/05/03〜05/13:四国沖から紀伊半島沖
・2014/04/09〜04/13:伊豆・小笠原海域
・2013/11/17〜12/14:南西諸島海域
・2103/11/07〜11/15:熊野灘沖
・2013/09/20〜10/12:新潟-北陸沖の広範囲な海域
・2013/09/04〜09/20:房総沖および三陸沖
・2013/08/23〜09/02:高知沖近傍
・2013/08/01〜08/17:日本海溝近傍
・2013/07/13〜07/28:日本海溝近傍
・2013/04/04〜04/17:房総沖及び小笠原海域
・2013/03/03〜03/30:日本海溝近傍
・2012/12/14〜12/20:熊野灘
・2012/12/10〜2013/01/08:三陸沖〜福島沖
・2012/07/04〜07/19,7/24〜8/05:紀伊半島〜東海沖
・2012/05/17〜05/18:紀伊半島沖
・2012/04/07〜05/11:日本海東縁・秋田沖〜北海道南西沖および三陸沖
・2012/02/04〜02/11:紀伊半島沖〜東海沖
・2011/10/21〜11/11:宮城県沖
・2011/09/13〜10/10:紀伊半島沖海域
・2011/08/27〜09/11:日本海溝海域
・2011/08/10〜08/26:山型沖〜秋田沖海域
・2011/06/29〜07/03:相模湾海域(予備海域:駿河湾海域)
・2011/05/02〜05/20:三陸沖日本海溝海域周辺
・2011/02/12〜02/17:茨城県鹿島沖
・2010/10/15〜11/12:四国沖〜紀伊半島沖および紀伊水道
・2010/09/21〜12/27:御前崎沿岸海域

サイトポリシー  |  ▶データ利用規約  |  ▶お問い合わせ  |  ▶携帯版
防災科学技術研究所では, AQUAシステムなどで決められた即時震源情報のメールによる配信は行っておりません。
データ公開 についてや Q&A にも記載されておりますように, 震源情報の二次配布は当研究所として禁止させて頂いておりますことも合わせてご承知おき下さい。
〒305-0006   茨城県つくば市天王台3-1   国立研究開発法人 防災科学技術研究所
地震津波火山ネットワークセンター   高感度地震観測管理室
Copyright © National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience, All rights Reserved.