AQUA 用語説明 (in Japanese)

【走向・傾斜角・すべり角】
    地震を引き起こした断層面の向きや傾き,すべり方向を記述するためのパラメータ。 走向θは北から時計回りに,傾斜角δは水平面から下向きに計る。 すべり角λは,すべりの方向を水平面から反時計回りに計る。単位は度。


【品質(Variance Reduction)】
    観測波形と解析結果から予想される計算波形の一致の度合を示す。(単位:%)。
    観測波形と計算波形の2乗残差を観測波形振幅で正規化し,その値を1から引いた量。 最大100%であるが,80%以上であるとかなり良く,50%程度であれば妥当な解と言える。 20%以下の解は信用できない。AQUAシステムでは50%以上の品質が得られた解析結果を公開している。

【セントロイド】
    地震波を発生させる領域は有限の広がりを持つ断層面であるが, その断層面の大きさに比べて十分遠方から見たときに, 断層面上の1点からすべての地震波が放出されたとみなしうる点のこと。 断層の破壊開始点である「震源」とは定義が異なる。

【モーメントマグニチュード(MW)】
    地震モーメント(M0)は地震のエネルギー量を表し,断層の面積および断層の食い違い量に比例する。 地震モーメントから我々に馴染みのある「マグニチュード」に換算したものがモーメントマグニチュード(MW)である。 M0をNm(ニュートンメートル)で表すと,
    両者は logM0 = 1.5MW + 9.1 の関係がある。